読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Green Bear

身の丈に合わせた生活をしながら、身体に優しくこどもに安心して食べてもらえるおやつ屋さんをしています。

私のお仕事。

息子がアトピー性皮膚炎と診断されたのは

生後4ヵ月の時。

あれから1年病院に通ってましたが(田舎なのて片道1時間半かけて通ってました)

入ってないと聞いていたステロイド

調合されて薄く入っていたのを知り

それから行かなくなりました。

これまでもずっと食べ物に気をつけるようにし、

病院をやめたからと言って悪化することもなく…。

あれから1年以上たつのかな?

肌はツルツルです!

食事療法をとりたかったので、かなり制限かけてますが(小麦、牛、豚、乳製品、生卵、甲殻類を除去)

保育園でも協力して下さっているので

だんだん胃腸も強くなってきているのでしょう。

アトピー性皮膚炎は胃腸が弱い子がなりやすいです。

玄米は合う合わないもありますし

消化を考えたら白米の方が良いかもですが

息子の場合は好んで食べてくれるので

玄米にお味噌汁、焼き魚や蒸し野菜など

それらを基本に食べています。

 

f:id:greenbear818:20161010214955j:image

(お出かけの時も和食のお店に。こちらのお店では息子もキッズ和食プレートでした。デザートは好きなのを取るタイプ。黒蜜きな粉しか食べれないのでソレに。)

 

おやつは?

 

と言うと…

ここから私のお仕事の紹介。

 

今まで小麦を使って乳製品不使用、卵不使用の

自然な体に優しいおやつを作ってましたが

最近では小麦不使用のおやつを作って

イベントなんかに出店しています。

(シフォンケーキだけは卵使用。自家飼育の平飼い卵を使ってます)

お菓子を作っての販売はもう5年くらいになりますが

ずっと小麦を使っていたから

米粉に変えた時の、

「ここがどうしても解けない!」

といった感じの難しさがありました。

 

作ってみては感動したり悔しくなったり。

けど

お客様から

「子供が小麦アレルギーで…こんなに美味しいのがあるなんて!」

と言って頂けた時のあの嬉しさは

同じくアレルギーで悩んだ母親として

すごく嬉しいんですよ。

 

食べたいのに食べられない、

いつもおかきや煎餅ばかり。

そりゃクッキーも食べたいよね!?とか。

なので、毎日頭でイメージしては作ってみたり。

 

こんなお菓子作りが私のお仕事なのです。

 

昨日は自宅用にプレーンとよもぎのシフォンケーキを2個焼き

 

f:id:greenbear818:20161010214815j:image

 

今日は久しぶりにスノーボールが食べたくなって

米粉でチャレンジしてみました。

結構難しかったけど、最終的には

かなり美味しいスノーボールになりましたよ❤︎

 

f:id:greenbear818:20161010214332j:image

 

《お知らせ》

今月末は伊勢神宮すぐ近くの五十鈴公園にて

五十鈴の森クラフトフェアにて両日とも出店です。

よろしければ、ぜひお越しくださいませ⑅︎◡̈︎*